サービスを提供することと受けること

福島市PICK-UP&BarnSの田中栄さんがブログに書かれていた新潟一泊旅行のレポートをご紹介。

PICK-UP&BarnSブログ「NEPENTHES in print#6 / 新潟旅行記

私が以前彼に紹介したとんかつ太郎分店は、新潟市名物タレカツ丼を県外の人に案内する時に一押しするお店。ストイックさと過不足無いサービス、内外装・雰囲気すべて好き。そして福島市BarnS向かいの「王芳」さんも同じように「身近なプロ」を感じるお店なので好き。地元の人からの愛され方もきっと似ている気がする。

しかし栄さんの文章の達筆ぶりもさることながら、自家用車無しで
とんかつ太郎分店→歩きでランプリール→
バスで長岡→電車&タクシーで越前浜tetote
という強行軍の様子が凄まじい。幸いなのは新潟市に雪が降り始める1日前に帰られたことで、翌日であればまた別のドラマが繰り広げられてたろうと思う。福島に帰れていたかどうかは怪しいけど。

(でも個人的に新潟の冬のお薦めは、大雪降り始めの夜に古町で吞むこと。酔っ払って外に出ると音が無くなっていて、しんしんと雪が降り積もる中を歩き次の店に向かうあの時間。他には例えられない幸福感。正直年に数回しか味わうチャンスがないので旅人さんにはハードル高いのですが。あ、雪の中の楽風舎夜吞みも最高。荻川駅から歩いていくのが特に好き。)

栄さんの新潟への旅は、いつも突然で、そのせいか不運に恵まれることも多い(お店のお休みとか、白浜屋の唐揚げらーめんで唐揚げを入れ忘れられるとか←後で別にもらったそう)。だけど彼のいつものメッセージからは、そんなことを微塵も感じさせない。あらゆることを楽しもうという気概が感じられる。

以前北書店の佐藤店長が彼について言ってたことを思い出した。
たしか栄さんが初めて北書店に訪れた後だったと思う。

「良い売り手は、いつも良い買い手なんだよね」

どちらにも程遠い気がするが、幸い回りにはお手本となる人達が沢山いる。ありがたいことだ。

アパレルshopカード

so littleは、葉山発のブランドSUNSHINE+CLOUDと、(サンシャインが日本に紹介して有名になった)NY郊外のオーロラ村で製造される「AURORA SHOES」を主に扱うお店です。新潟市中央区学校町通り(亀貝がニイガタブックライトで毎年春に一箱古本市を開催する通り)の新潟高校近く、もとはF/styleが入っていた一軒家に、2013年OPENしました。

亀貝ももちろんこのお店で購入したAURORA SHOESを愛用していまして、愛用し過ぎていて他の靴をまったく履いていない位です。頑丈で、履き心地も見た目も素晴らしい。関係ないけれどso littleオーナー夫妻がオーロラ村の職人さんたちをいつも「オーロラさん」と呼んでいるのがとっても微笑ましいです。(きっと日本の関係者の皆さんはそう呼んでいるでしょうね)

ショップカードは印刷ではなく、弊社のプリントで製造しています。
かなり薄いトレペを使っているので、なかなかスムースにはいきませんでしたが、プリンター納品とすることで、全4種のデザインのバリエーションも可能になりました。
SUNSHINE+CLOUDとso littleさんの、太陽と明るさのイメージが少しでも感じられるように企画しています。

so little
shop card

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Katsunori Harada
Photograph:Taizi Kamegai, so little
Printing : Kamegai Art Design Co.

sunshine01.jpg

sunshine02.jpg

sunshine03.jpg

sunshine04.jpg

sunshine05.jpg

sunshine06.jpg

福島市ヤブウチビルに食堂ヒトトOPEN!

9/30から福島市ニューヤブウチビル3階にOPENする食堂ヒトト!
そのオープニングが9/24-25の2日間開催され、1日目に泊まりでに行ってきました。

東京や神奈川や新潟からお知り合いの皆さんが集まってきて、皆が本当に嬉しそうに話していて。集まった皆と呑みに行ったりゲストハウスで一緒に泊まったり。忘れられない二日間になりました。

ヤブウチビルには1階にお洒落な眼鏡屋さんでビルオーナーのオプティカルヤブウチさん(老眼で眼鏡を新調しなきゃなので今度また行きたい!)、FOR座RESTで福島に行くたびに福島市民が羨ましくなったお花屋bloomさん(前店舗ではタイミング逢わず今回初来訪!)、レコード屋さんのLittle Bird、そして3階に食堂ヒトト。当日は屋上まで素敵なパーティースペースになっていました。これからもイベント等で使われることでしょう。

吉祥寺駅近くにあったヒトト(旧ベースカフェ)は上京した際の夫婦の癒され場だったのですけど、残念ながら今年1月にビルの取り壊しにより閉店。それからこの9月のOPENに至るまでのお話は、いずれどなたかが書かれるだろうから、そちらをご覧いただいた方が宜しいかと。
震災と原発事故を経験した今の福島市にヒトトが来ることの意味。
薮内さんやLIFEKUの皆さんとORGANIC BASE奥津氏が繋がることの意味。
福島と奥津氏との出会いに一緒にいた自分としては、このお店の立ち上げには絶対に駆け付けたかった。この目で成り行きを確かめたかった。
ヤブウチビル、やばいです。PICK-UP&BarnSと王芳とここだけで1日なくなります(笑)もっと廻りたいのに。

IMG_9591.jpg

食堂ヒトトは、どことなく吉祥寺のお店の空気を感じさせるけど、ヤブウチビルにちゃんと馴染んでいて。当日のパーティー料理もホントに美味しかったです。気のせいか吉祥寺よりもパワーアップしたように感じる位。これからがすごく楽しみ。

IMG_9599.jpg

奥津氏との出会いだった2012年のFOR座REST大学で
http://kamegaiartdesign.com/wp/?p=177
新潟への巡回をお願いした、ベースカフェ企画:馬場わかなさんの写真展「笑顔の未来」は2012年6月に東中通marilouで開催され、今でもたまに「あの写真展良かったよ〜」と言われます。その馬場わかなさんもすっかり大きくなった息子ちゃんを連れて家族でいらしていました。あの時お声掛けして良かった。この時の自分は、褒めてやりたい。

その後ヒトトに変わった吉祥寺のお店で奥津氏企画の写真展を開催したカメラマン田渕睦深さん、敬愛するマンガ獸木『パーム』ファン仲間と勝手に決めているのですが、彼女も来ていてお話できたのも嬉しい!ゲストハウスでお手当ていただいた時のあの手の力は…なんなんでしょうか。おみやげまでいただいちゃいました。

ヤブウチビルの後に連れていってもらった近所のBar「Love Song」も素敵なご夫婦がやってらっしゃってすぐファンになりました。bloom芳賀さんに聞いたらもう30何年以上、PICK-UPの高橋さんより長いとか?

他にも書きたいことは山ほどあれどキリがないので。ご一緒いただいた皆さん、おかげさまで最高楽しかったです。ありがとうございました。薮内さん、奥津さん、ヒトトのスタッフの皆さん、これから楽しみです!

IMG_9598.jpg

家具カタログ

秋葉区古津にファクトリー、沼垂テラス商店街(→弊社制作WEBサイト)にカフェ&ショップを持つ「ISANA」の家具カタログを制作しました。B6判全44Pの結構なボリュームな上、ISANAの2人自身に文章などをお願いしたため、印刷へ行くまでにはかなりのご苦労をおかけしました。

このあたりのエピソードは2015年12月13日(日)15時から医学町ビルで開催する、ISANAのトークイベントでお話しようと思います。「家具をつくる過程」という、普通の人ならまず触れることはないであろう世界を垣間見ることのできる、希有なイベントになると思いますので、ぜひお越しいただければ嬉しいです。詳細は続報Facebookページなどにて。ISANAの家具の魅力と、ISANAの2人自身の魅力に触れる時間になればと思っています。入場無料・予約不要の予定です。

flier

余談:当カタログの制作過程でふとした事故から「クラシック35mmフィルムカメラで撮ると何故多くの人が失敗するか」という理由が分かったのですが、これはあまり広まり過ぎるとお互い困ることもあるので(笑)、これもイベントの時に話そうと思います。

ホントにセンスのよいISANAの2人。その家具と、家具を巡る2人の世界観をビジュアルにするのは緊張もしましたが本当に楽しい時間でもありました。カタログは300円でISANAや弊社でも販売しています。詳しくは沼垂ISANA店頭やWEB経由でお問合せください。

ISANA
FURNITURE CATALOG

CreativeDirection:Taizi Kamegai
ArtDirection & Design : Taizi Kamegai
Copywriting:ISANA
Photograph:Taizi Kamegai
Printing : Kamegai Art Design Co.

isanacatalog_h1.jpg

isanacatalog_001.jpg

isanacatalog_002.jpg

isanacatalog_003.jpg

isanacatalog_004.jpg

県事業冊子

やっとできました。koroの2人が4ヶ月の間、4つの授産施設にお邪魔した記録が冊子になりました。無料です。これから各方面に配られます。とってもお堅い内容です(笑)。配布した場所などは、今後当サイトで報告します。

国が毎年提唱している福祉施設の工賃向上計画を受け、新潟県の「魅力ある商品づくり事業」がスタートしました。新潟県で公募した中から4施設を選び、4ヶ月の期間限定でkoroの2人をコーディネイターとして派遣、施設の方達が自らでは気付きにくい授産品の魅力を引き出して、多くの人に「買いたい!」と思わせるような商品を施設自らの手で生み出せるようになる、そんなビジョンを描いた事業でした。その事業の顛末を冊子にしたのがこの『授産品読本』です。

派遣といっても物理的にkoroが施設を訪問できるのは実際には数回、あとはメールと電話のやりとりという、かなり厳しい条件の中で、最終的に何かしらの進展(それも施設自らの進展)やある程度の結果を出すというのは、かなりの難作業でした。本当に2人はがんばっていた。福祉施設のものづくりを囲む環境というのは、私達が一般企業の中で想像するシステムや優先順位や常識とはかなり違っていることが多い、というのが私の実感です。前提や目的が違うので当然といえば当然ですが。

一般の人が目にする機会はあまりないであろう印刷部数でしたので、どちらかというと授産施設の職員さんや関係者に向けてメッセージを送るつもりで制作していました。授産施設のものづくりにおいて、より良い環境づくりや流通、採算の鍵を握るのは職員さんや施設に関わる方達です。当たり前ですが施設のすべてにkoroが行ける訳ではないので、この冊子を読んだ施設の関係者の方が、何かのヒントや気付きを得てもらえるようにはしたいと思っていました。果たして結果は…というところです。

そのスタートから長く見てきたkoroの2人ですが、一緒に仕事をしたのは初めて。その真摯な姿勢にいつも襟を正される思いでした。本当に勉強させていただいたこの4ヶ月。県から依頼された事業としては既に終了していますが、冊子に入れられたのはkoroと4施設の間のやりとりの一部でしかありません。今後はFacebookページ等を立ち上げ、引き続きご報告やフォローを行っていくつもりです。

【追記】Facebookページが立ち上がりました。今回撮影した写真のうち、殆ど9割くらいは冊子には掲載されていませんが、このページの「写真」→「アルバム」からご覧いただけます。今後も、冊子で取り上げられた製品の販売情報や関わるイベント告知、その後の施設の経緯などをこのページにアップしていきます。「いいね!」クリックで情報がウォールに表示されます。是非!
https://www.facebook.com/jusanhindokuhon

『授産品読本』
※「平成24年度 新潟県魅力ある商品づくり事業」の報告冊子

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Yoko Yamagishi
Photo:Taizi Kamegai
Copywriting:koro
Edit:koro & Taizi Kamegai
jusanhinh01.jpg

poster
jusanposter.jpg

刊行:新潟県 福祉保健部 障害福祉課

美術館WEBサイト

新潟日報メディアシップ5階「會津八一記念館」様のWEBサイトを制作させていただきました。当社の提案としてEnglishページ、新潟に来ていただきやすくするための周辺情報MAPなども制作しております。MAPは會津八一に関係した新潟島内のスポット情報を中心に構成しています。館には印刷版もありますのでぜひお手に取っていただけましたら幸いです。

會津八一記念館様
web site(bilingual)
http://aizuyaichi.or.jp/

Creative Direction:Kamegai Taizi
Art Direction & Design:Harada Katsunori
Web Direction:Akema Takashi
Cording:Akema Takashi

webaizu001.jpg

続きを読む▼