Kamegai Art Design

<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【(有)カメガイアートデザインについて】
カメガイアートデザインは、販売促進・広告・PR全般をクリエイトするデザインプロダクションです。初めてご覧になった方は、こちらのエントリをご覧ください。

会社概要・アクセスはこちらのエントリです。

制作実績と料金の目安は、以下のバナーからご覧ください。
また、WEBサイトの制作実績は、一部ですが右サイドバーの「LINKS」→「web products」にもリストがあります。

これまでの制作実績の一部です。bann_works_yellow.gifホームページ制作例まとめ


1ページの大きさがA4のパンフレットの料金例です。
bann_panh.gif

A4ちらし、もしくはA4サイズ1枚を三折にしたリーフレットの料金例です。bann_A4.gif
ホームページ制作の料金例です。bann_homepage.gif

御社製品・サービスの広告・販売促進・PR全般のご相談はもちろん、
個別にカタログ・パンフレット・ロゴ制作・広告・WEBサイト・看板類などの制作・印刷をご依頼希望の方は、
tel:025-285-3045
営業亀貝太治mail:kamegai@kamegaiartdesign.com
Facebookはこちら
までご一報ください。まずは伺ってご要望をお聞きし、その後デザインとお見積を無料でご提案いたします。その内容をご検討いただいた上で、実際のご発注についてご相談させていただきます。



●デザイナー・アートディレクターの募集は締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございました。
●当社では随時、外部スタッフを募集しております。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。


  
亀貝太治・亀貝香織が関わるプロジェクト・イベントの紹介

【これから開催のイベント】
koshijinkai_bann.gif新潟市役所前の古ビルの利活用を進める「越人会」プロジェクトを立ち上げました。


 


【終了したイベント】
ニイガタブックライトバナー
新潟でブックイベントを開催する「ニイガタブックライト」を主催しています。10回目となる一箱古本市が10/11(日)に旧二葉中学校で開催されました。次回は来年の6月第2日曜日開催予定です

minomawa_bann.gif医学町ビルで「身のまわリポート」展を開催しました。写真→123

kobayashi_bann1109.gif独ライノタイプ社・小林章さんに北書店で欧文書体のお話をしていただきました。→レポートへ

bababann.gifカメラマン馬場わかなさんの巡回写真展をカフェmarilouで開催。終了後のレポートはこちら
小林章さんと座談会独ライノタイプ社ディレクターで新潟市ご出身の小林章さんの帰省時に行われる座談会。様子はこちら
sarashina_bann.gif新潟でお産を扱える数少ない助産所・みちつき助産院・更科佳子さんのお話会。
hokkobanner.gif189年の歴史を持つ古町の大型書店北光社の閉店時の企画。その魂は北書店に引き継がれました。

bann_kuusoosha.gif2008年から2010年までの3回、働き方や観光を通じて新潟を見つめ直すイベントを開催。関連記事は→こちらです。




  

  

美術館WEBサイト

2016.07.06 Wednesday | 制作例

新潟日報メディアシップ5階「會津八一記念館」様のWEBサイトを制作させていただきました。当社の提案としてEnglishページ、新潟に来ていただきやすくするための周辺情報MAPなども制作しております。MAPは會津八一に関係した新潟島内のスポット情報を中心に構成しています。館には印刷版もありますのでぜひお手に取っていただけましたら幸いです。

會津八一記念館様
web site(bilingual)
http://aizuyaichi.or.jp/

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Katsunori Harada
Web Direction:Takashi Akema
Cording:Takashi Akema

webaizu001.jpg
author : kamegai | - | - |

区発行フリーペーパー

2016.02.18 Thursday | 制作例

新潟市中央区みなとまち文化推進事業
「和菓子の新潟」PR誌(20P)

CreativeDirection:Taizi Kamegai
ArtDirection & Design : Yoko Yamagishi
Photo(表紙のみ):Taizi Kamegai
author : kamegai | - | - |

障がい者雇用フリーペーパー

2016.02.02 Tuesday | 制作例

株式会社バウハウスの肥田野社長から企画製作室Bridgeの小林さんを通じて「障がい者雇用に関するフリーペーパーを作りたいのだけど…」と最初に相談を受けたのは、昨年の春頃だったでしょうか。
author : kamegai | - | - |

化粧品WEBサイト

2015.12.03 Thursday | 制作例

八海山・千年こうじやのコスメブランド「cotte」のショッピングサイトを制作しました。
弊社では現在、外部のショッピングサイトサービスを利用せず、WORDPRESSの中のみでショッピングサイトを構築する方法をお客様にご提案しております。ご興味のある企業の方は是非ご相談ください。実際に伺ってご説明差し上げます。


八海山・千年こうじや様
「cotte」web site
http://uonuma-cotte.jp/

CreativeDirection:Taizi Kamegai
AD&D : Takashi Akema

cotte01.jpg

cotte02.jpg

cotte03.jpg

  
author : kamegai | - | - |

食品メーカーお歳暮パンフレット

2015.11.19 Thursday | 制作例

株式会社八海山様
「2015winter 千年こうじやお歳暮カタログ」
CD:Taizi Kamegai
AD/D:Yoko Yamagishi
C:Ariko Asatsuma
P:Takasumi Hiraga
Food Cordinate:Fumiko Kojima, Hideki Kojima

0008.jpg

0304.jpg
author : kamegai | - | - |

家具カタログ

2015.11.11 Wednesday | 制作例

秋葉区古津にファクトリー、沼垂テラス商店街(→弊社制作WEBサイト)にカフェ&ショップを持つ「ISANA」の家具カタログを制作しました。B6判全44Pの結構なボリュームな上、ISANAの2人自身に文章などをお願いしたため、印刷へ行くまでにはかなりのご苦労をおかけしました。

このあたりのエピソードは2015年12月13日(日)15時から医学町ビルで開催する、ISANAのトークイベントでお話しようと思います。「家具をつくる過程」という、普通の人ならまず触れることはないであろう世界を垣間見ることのできる、希有なイベントになると思いますので、ぜひお越しいただければ嬉しいです。詳細は続報Facebookページなどにて。ISANAの家具の魅力と、ISANAの2人自身の魅力に触れる時間になればと思っています。入場無料・予約不要の予定です。

余談:当カタログの制作過程でふとした事故から「クラシック35mmフィルムカメラで撮ると何故多くの人が失敗するか」という理由が分かったのですが、これはあまり広まり過ぎるとお互い困ることもあるので(笑)、これもイベントの時に話そうと思います。

ホントにセンスのよいISANAの2人。その家具と、家具を巡る2人の世界観をビジュアルにするのは緊張もしましたが本当に楽しい時間でもありました。カタログは300円でISANAや弊社でも販売しています。詳しくは沼垂ISANA店頭やWEB経由でお問合せください。

ISANA
FURNITURE CATALOG

CreativeDirection:Taizi Kamegai
ArtDirection & Design : Taizi Kamegai
Copywriting:ISANA
Photograph:Taizi Kamegai
Printing : Kamegai Art Design Co.

isanacatalog_h1.jpg


isanacatalog_001.jpg


isanacatalog_002.jpg


isanacatalog_003.jpg


isanacatalog_004.jpg
author : kamegai | - | - |

企業WEBサイト・リクルートサイト

2015.11.10 Tuesday | 制作例

足場を扱う杉崎リース工業様のWEBサイトを制作させていただきました。同社は全国に営業所を持ち、敷鉄板の保有量は日本一とも言われている業界大手の企業です。
(沼垂テラス商店街(→弊社制作WEBサイト)には木製の中古足場板を販売するアンテナショップも開店しています。ちなみに木製の足場板は東日本ではまったく扱われず、西日本独自に残るものだそうです)

また、リクルート向けサイトも同時にOPEN。
同社の手厚い新人研修のこと、しかも手厚いだけではなく新入社員のことを本当に考えてたケアの一部を、社員本人の口で語っていただきました。やらせ等はありません(笑)。グループトークはあまりに盛り上がってしまい、残念ながらその面白い裏話の殆どはカットになってしまいました…。
入社1年目の新人、5年目、20年目の中堅社員に、それぞれの立場から見た自社の特徴について語っていただいています。取材を通してどんどん分かってきた同社の魅力。少しでもサイトに反映されていると良いのですが…。


杉崎リース工業株式会社様
web site
http://sugisakilease.ne.jp/
for recruit
http://sugisakilease.ne.jp/recruit/

CreativeDirection:Taizi Kamegai
AD&D : Takashi Akema
Copywriting:Yorimitsu Karasawa
Photo:Taizi Kamegai(recruit)

スクリーンショット 2015-11-09 22.14.29.jpg
  

スクリーンショット 2015-11-09 22.14.55.jpg
author : kamegai | - | - |

アパレルshopカード

2015.11.01 Sunday | 制作例

so littleは、葉山発のブランドSUNSHINE+CLOUDと、(サンシャインが日本に紹介して有名になった)NY郊外のオーロラ村で製造される「AURORA SHOES」を主に扱うお店です。新潟市中央区学校町通り(亀貝がニイガタブックライトで毎年春に一箱古本市を開催する通り)の新潟高校近く、もとはF/styleが入っていた一軒家に、2013年OPENしました。

亀貝ももちろんこのお店で購入したAURORA SHOESを愛用していまして、愛用し過ぎていて他の靴をまったく履いていない位です。頑丈で、履き心地も見た目も素晴らしい。関係ないけれどso littleオーナー夫妻がオーロラ村の職人さんたちをいつも「オーロラさん」と呼んでいるのがとっても微笑ましいです。(きっと日本の関係者の皆さんはそう呼んでいるでしょうね)

ショップカードは印刷ではなく、弊社のプリントで製造しています。
かなり薄いトレペを使っているので、なかなかスムースにはいきませんでしたが、プリンター納品とすることで、全4種のデザインのバリエーションも可能になりました。
SUNSHINE+CLOUDとso littleさんの、太陽と明るさのイメージが少しでも感じられるように企画しています。

so little
shop card

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Katsunori Harada
Photograph:Taizi Kamegai, so little
Printing : Kamegai Art Design Co.


sunshine01.jpg

sunshine02.jpg

sunshine03.jpg

sunshine04.jpg

sunshine05.jpg

sunshine06.jpg
author : kamegai | - | - |

PICK-UP展atヒトトのレポートが完結

2015.04.10 Friday | イベントレポート

sakaeさんのレポート、遂に完結。

福島市PICK-UP「服と雑貨の販売会」
at 吉祥寺 食堂ヒトト(→イベント公式サイト

PICK-UP田中栄さんの手によるレポートが3回に分けられてPICK-UPブログに掲載されています。
見知った人達も登場します。

>>その1
>>その2
>>その3

今回どうしても行けなかったけど、このレポートを読み、まるでその場にいるかのような気分になりました。これまでPICK-UPの皆さんと一緒にいた時間の、あのかんじ。福島で、新潟で。

素晴らしいレポートをありがとうございます。

イベントページの最初に掲げられたORGANICBASE奥津爾氏の言葉を、引用します。
ここに書かれている「初めて訪れた日」、私も一緒でした
出会いに感謝。

彼らと出会ってから、
商売とか、お仕事とか、モノを売ることについて、自分の考えを一つ進めることができたような気がしています。

初めて訪れた日のことが、忘れられない。

彼がとりだして、服と僕の呼吸があう。
僕自身が知らなかった自分と、
職人達の技術と想いが出会う、驚きと喜び。
初めて会ったのに、ずっと待っていた服だと思った。

この店はこんな幸せを、
日々生み出し続けてきたのだろう。
33年という長きにわたって、
この街の土の上で、この街と人を愛して。


彼らを吉祥寺に呼びたいという願いが、
ようやくかないました。
2月21日・22日、ヒトトの特設スペースに
PICK-UPがセレクトした定番と旬の服が並びます。

心躍る服との出会いを、ぜひ。
皆様のお越しをお待ちしております。

オーガニックベース 奥津爾


今年はいよいよ民家園でのFOR座RESTが復活です!!>>公式サイト
author : kamegai | - | - |

4/5(日)沼垂テラス商店街お披露目イベントです

2015.03.31 Tuesday | 制作例

以前予告していた沼垂テラス商店街のお披露目イベントは4/5(日)朝8時〜12時までの開催です。詳しくは公式ページの告知をご覧ください。

>>4月5日(日)に「朝市」を開催します!

弊社では前回紹介のWEBサイトに加え、告知のちらしを制作いたしました(この記事末尾)。
当日私は交通整理などのお手伝いをやっている予定です。いらしたら是非お声掛けください。

さて、今日3/31は、沼垂テラス商店街一番奥の棟で、古道具ハチミツさんが内外装を手掛けた
HOSHINO koffee & Labo.
work place シロツメ舎
ハチミツ plus(新潟店がこちらに移転してplusとしてOPEN)
の3店OPENの日でした。いずれも新発田に関係するオーナーさんなので新発田からもお客様がいらっしゃってました。

HOSHINO koffee & Labo.の星野さん、ハチミツの赤塚さんは以前から存じ上げていたこともあり、OPENをとっても楽しみにしていていたのですが、今日伺って、予想を超えるその佇まいの素敵さに驚かされました。ハチミツさんの間口の広く中を無理なく回遊できるレイアウト(古道具屋さんではなかなかない)や、星野さんの最高丁寧で美味しいランチに感激。ちょっと人には教えたくない位(笑)の素敵スポットになっていました。

何はともあれ写真を見ていただいて、この空間の素晴らしさが少しでも伝われば嬉しいです。新潟に、こんな場所が欲しかった。新しもの好きの新潟の中では、こういう場所はなかなか生れないのです。
author : kamegai | - | - |

「沼垂テラス商店街」誕生します。

2015.03.06 Friday | 制作例

昨年、一昨年と、秋のニイガタブックライト一箱古本市を開催した「旧沼垂市場」の建物群。昨年秋はまだその殆どが空家状態でしたが、その後市場組合が解散、大佐渡たむらさんが場所を買い取って管理事務所を設立してから、あれよあれよと言う間にお店で埋まっていき、この春にはなんと、あの建物内の全スペースでお店がOPENすることになりました。
FH000014nuttari.jpg

この機会に正式名称も決定。その名も「沼垂テラス商店街」。

すごいことです。商店街があちこちでなくなったり、やってやっても効果のないシャッター通り対策の悩みが話題にのぼることはあっても、「新たに商店街が生れる瞬間」に立ちあえる機会は、全国でもそうそうないのではないか、と思います。

お店のラインナップも、パン屋さんやお肉・魚屋さん、八百屋さん、花屋さん、お総菜屋さん、カフェに珈琲スタンドをはじめ、作家のアトリエやギャラリー、古道具、ジュエリー、居酒屋にレストランに雑貨に…
もう書き尽くせないほどのバリエーション(→詳しくはこちらを)。
これぞ、商店街。○○屋さんの集まりです。

昨年秋の段階からお声掛けいただき制作を続けてきた公式サイトを、このたび公開しました。弊社で制作した公式ロゴマークも掲載。サイトの内容は、商店街サイドでその殆どを更新できるよう、設計しています。

全スペースでお店が開店するといっても、営業日はそれぞれ違っていますので、すべてのお店が同時にOPENする日はありません。ですので、このサイトの中の営業日一覧をご覧になって、お目当てのshopの営業日や、たくさんお店が開いている日を狙ってお越しください。

この商店街以外にも、沼垂とのおつき合いが始まってしばしば通うようになり、地元の人に教えていただいたりしたお気に入りの場所がどんどん増えています。
●衆楽のランチや夜のお酒
●アベック食堂のカツ丼
●東来順のインドカレー
詳しくは書きませんので、興味ある方は是非調べて行ってみてください。沼垂、知れば知るほど面白い。

4月には沼垂テラス商店街フルOPEN記念のイベントも予定されています。詳細は追ってご紹介します。

新しく生れた「商店街」、沼垂テラス商店街をこれからも宜しくお願いします。



株式会社テラスオフィス様
公式サイト:http://nuttari.jp/

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Takashi Akema
Logo Design : Takashi Akema
Cording:Takashi Akema
Photograph:Taizi Kamegai

nuttariisana.jpg
author : kamegai | - | - |

言葉の力と、有元さんの写す写真、そして世界との関わり方。

2015.03.03 Tuesday | 言葉

有元さん関係で。
彼の活躍する雑誌『風の旅人』編集長、佐伯剛氏のこの日のブログが猛烈に心に響きました。

「人として、あるべき姿」の一環が、この1つのコラムの中に収められていると思ったからです。

 有元さんが撮ったチベットの人達の表情には、大量消費社会の中で歯車の一つとして生きる人間に特有の漠然とした不安が感じられません。
 どんなに過酷な環境でも、人としての尊厳を保っている彼らは、周りから丁寧に扱われることで尊厳を維持しているのではなく、周りの世界(他者)に丁寧に対応することで、人としての尊厳を高めているように感じれます。

風の旅人〜放浪のすすめ〜「第882回 取り替えのきかない”いのち”」より



併せてこちらも。

>新潟絵屋Blog「いま、ここに、あること
author : kamegai | - | - |

有元伸也さん写真展

2015.03.03 Tuesday | 新潟の話題

砂丘館で3/22まで開催されている有元伸也さん写真展に行きました。

開催2日目に行って、その日にワークショップのことを知り、即申込みました。素晴らしい写真展でした。特に蔵以外で展示されているチベットのポートレート。自分は朝一番で行ったので、まだ館内は冷え冷えとしていて。

あのお屋敷の佇まいと、冷たいけどどこか豊かな空気に包まれ、有元さんの写すチベットの市井の人達の世界に、そのまま入り込んでいました。忘れられない体験でした。
author : kamegai | - | - |

ワイナリー広報誌

2014.11.27 Thursday | 制作例

毎年制作している角田のワイナリー「フェルミエ」さんの広報誌「フェルミエ通信」の最新号が発行されました。昨年に引き続き横長の判型です。フェルミエさんのこの1年のワイン造りに関しての記事を、角田の豊かな自然の写真と共に掲載しています。

今回はフォトステーション平賀氏の協力により、初のドローン撮影(ラジコンヘリによる空撮)での写真も掲載されています。こんな写真です。Fermier20141100.jpg

この冊子は、基本的にはフェルミエさんのオーナー会員の方と、フェルミエさんに住所を登録された方にお送りするものです。もしフェルミエさんのワインに興味がありこの冊子を送って欲しい、という方はフェルミエの本多さん宛てメールFacebookのメッセージ、FAXで、フェルミエ通信を送って欲しい旨と、お届け先住所お名前連絡先などの情報を送っていただければ(数に限りはありますが)送っていただけるそうです。またフェルミエさんの店舗でもご覧いただくことができます。

Honda Vineyards & Winery様
「フェルミエ通信 2014-2015winter」
Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Katsunori Harada
Photograph:Taizi Kamegai
Photograph by drone:Takasumi Hiraga

Fermier20141101.jpg
author : kamegai | - | - |

旧齋藤家別邸庭園が新潟市内初の国指定名勝に

2014.11.27 Thursday | 制作例

弊社がガイドブック、パンフレットなどで関わっている「旧齋藤家別邸」の庭園が、新潟市内では初となる国の名勝として答申されました(正式な指定は後日)。

ちなみに「国指定名勝」は新潟県内でも11件目。他の10件は
旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園(新発田市)
清津峡(南魚沼郡湯沢町・十日町市)
笹川流(村上市)
佐渡小木海岸(佐渡市)
佐渡海府海岸(佐渡市)
貞観園(柏崎市)
田代の七ツ釜(中魚沼郡津南町・十日町市)
渡辺氏庭園(岩船郡関川村)
旧関山宝蔵院庭園(妙高市)
Wikipediaより

だそうです。

このブログでは何回も書いてきましたが、同邸宅と庭園は市民活動により新潟市が購入し維持されてきた場所です。今回の国指定名勝は実に嬉しいニュースでした。

過去・保存活動時の記事より
→「旧齋藤家・夏の別邸一般公開を終えて

最近の旧齋藤家別邸の様子・公式Twitterより





  
author : kamegai | - | - |

「絵と木工のトリノコ展」at flannnel

2014.11.13 Thursday | 制作例

11月の22日から約1週間、弁天通の「flannel」さんにて、「絵と木工のトリノコ展」が開催されます。

以前flannelさんのショップカードを作らせていただいた際に、イラストをお願いしたのが「絵と木工のトリノコ」さん。イラストをお願いした後に私もflannelの木村店長も東京・西荻FALLさんで彼女の個展を目にする機会があり、あまりにカワイイので「新潟にも来てもらいたいね〜」なんてネットでつぶやいていたのが、そのまんま実現してしまいました!

木工ブローチやガリ版印刷のポストカードなどを展示即売する、トリノコさん初の新潟個展です。ぜひこの機会をお見逃しなく!

絵と木工のトリノコさんWEB SITE

flannelさんWEB SITE

弊社制作shopカードの紹介

flannnel0122.jpg

shopカードにのウサギちゃんは描き下ろしです。このうさちゃん絡みのアイテムもやって来る予定です!
※トリノコさんは22、23日在廊されています。

「絵と木工のトリノコ展」at flannnel
DM用ポストカード

AD&D:Taizi Kamegai
Photograph:Taizi Kamegai
DM01.jpg

DM02.jpg

  
「絵と木工のトリノコ展」at flannnel
2014.11.22sat〜30sun
10:30〜18:00
期間中はお休みなし
トリノコさんは22、23日在廊されています。
お問合せ:flannel/tel:050-1508-4814


このブローチやイラストにキュンときたらぜひflannelへ!
↓クリックで写真を見る
author : kamegai | - | - |

『G.F.G.S. MAGAZINE vol.02』

2014.11.13 Thursday | 制作例

少し前の話で恐縮ですが、今年9月20日に発売された『G.F.G.S. MAGAZINE vol.02』という雑誌上で、亀貝が上越の橋本桂子さんと一緒に、国際情報大学の越知教授に超々ロングインタビューしています。私は越知教授の毎週のラジオ(木曜朝9時よりFM PORT)を録音して欠かさず聴いていた位のファンなので有り難い機会でした。加茂でオーガニックコットンのカットソーを製造するブランド:G.F.G.S.さんとはにいがた空艸舎に出店していただいてからのお知り合いですが、今回の取材を通して初めて色々お話できました。

この取材にまつわるイロイロはあるのですが、筆無精でそれを待っていると何時までもアップできませんので(ゴメンナサイ…)、取り急ぎのご紹介です。弊社にも卸していただき少々は販売していますが、お近くの取扱書店にて、是非ご覧いただけると嬉しいです。アナ雪のこと、原発のこと、政治とは、政治学とは、政治参加とは、若者の悲惨さ、など超々ロングインタビューを鼎談風にまとめていただいてます。

※関東での扱いは11/13時点で3331 Arts Chiyodaと代官山 蔦屋書店の2店です。

【リンク】
『G.F.G.S. MAGAZINE vol.02』と取扱店について(G.F.G.S. MAGAZINE WEB SITE)


gfgsmagazine02.jpg


  
  
author : kamegai | - | - |

建築事務所&カフェ・WEBサイト

2014.08.29 Friday | 制作例

新潟市北区松浜にある、「nico」さんのWEBサイトを制作させていただきました。建物の設計時からお声がけいただき、建物ができる様子を拝見しながら、時にはワークショップにも参加しながら、この場所を知っていただくための土台造りをさせていただいたようなイメージです。

このWEBサイトは、今後オーナーの羽ヶ崎夫妻が更新をすることによって、どんどん「nico」らしさを蓄積していくことになると思います。「建築設計」「カフェ」「イベントスペース」と3つの顔を持つ空間ですが、情報の更新はシンプルです。ブログの記事を作り、カテゴリを付与するだけで自動的にサイト内の適所へ表示されるようにしています。その際にチェックを入れるだけでFacebook・Twitterへの自動投稿もできます。昨今のWEBサイト作りは、「更新のしやすさ」「SNSとの連動」は欠かせない要素です。更新がしやすく、見栄えが良ければ更新のモチベーションも上がります。

(もちろん、更新する必要のない場合も多いです。WEBサイトだから一概に「更新しなくては…」と思われている方も見かけますが、業界、用途、目的、使われ方によって、全く更新しなくて良いケースもあります。弊社でも数多くご提案しています。問題は、「目的やターゲットに応じた更新」です)

nicoさんでは、能登半島の突端にある二三味珈琲さんの豆を使ったネルドリップの珈琲や、奈苗さんの焼く美味しいパン、丁寧に育てられた野菜の一品などが楽しめます(ランチ営業日に注意!)。また、家造りを考えているけど「建築事務所にいきなり相談に行くのはちょっと敷居が高くて…」という方はまずカフェにお茶に来ていただき、少しだけお話をお聞きしたり様子を伺うこともできます。
松浜の商店街から2本裏通りにある静かな場所です。駐車場も2台あり。

私自身、松浜のことは殆ど知らなかったのですが、nicoさんの仕事を通してその独特の地形から感じる不思議な魅力にすぐ惹かれました。nicoさんにお邪魔することを言い訳に松浜に行けるということがとても嬉しいです。そうそう、nicoさんの並びの「鮨割烹いじま」のランチ(握り)も美味しくて忘れられません!


nico様
web site
http://www.atelier-nico.com

CreativeDirection:Taizi Kamegai
AD&D : Yoko Yamagishi
Code:Takashi Akema
Logo : Kaori Kamegai

nico001.jpg

nico002.jpg
author : kamegai | - | - |

コピーライターを急募しています。

2014.07.17 Thursday | 求人・外部スタッフ募集

外注でお仕事をお願いするコピーライターさんを急ぎで探しています。
食品や料理、会社案内を中心に、雑誌や書籍ではなく、カタログ・パンフレット等コマーシャル寄りのコピーライティングをお願いすることになります(ある程度以上の経験者に限らせていただきます)。
できるだけ、新潟市で直接打ち合わせのできる方が望ましいです。
これまでの制作例(カタログ・パンフレット・会社案内・WEBなど)を拝見させていただき、ご相談させていただきます。
メールもしくはお電話(090-3753-9545)にてご連絡いただけましたら嬉しいです。
何卒宜しくお願いいたします。

 
 
author : kamegai | - | - |

ポスティングちらし(アパレル)

2014.07.17 Thursday | 制作例

flannel様
KCC「新潟情報」誌ポスティングちらし
この週末からサマーセールが始まります

CreativeDirection:Taizi Kamegai
AD&D:Taizi Kamegai
Photograph:Taizi Kamegai
Printing : Kamegai Art Design Co.

flannel20140717.jpg


 
 
author : kamegai | - | - |