2017年12月「ハウス・ビルド・レポート」のレポート

2017年12月に医学町ビルで開催した「ハウス・ビルド・レポート」の報告をFacebookにしかアップしていないことに気付いたので、こちらでも再掲いたします。201号室に入りきれないほど多くのお客様に来ていただきました。準備不足による進行の至らなさなど個人的な反省点もありますが、それらをできるだけ改善し、第二回を開催することも検討しています。何か情報やご希望などあれば亀貝までメールFacebookメッセージなどでご連絡いただけると嬉しいです。
続きを読む▼


住宅見学会の集客

先日開催されたSOLIDさん(→当社制作のWEBサイト)が開催した住宅見学会(→紹介記事)が無事終わり、プロモーションと集客についての振り返り会議をSOLID後藤さん・スタッフさんで行いました。

SNS、WEB、紙媒体、電波媒体、それぞれにどれだけの予算を使うべきなのか。見学会に限らずイベントの集客対策は、皆さん悩まれるところです。もちろん一律の解法などある訳ではなく、言えるのは「クライアントの魅力を浮かび上がらせ、そのターゲットに合わせた媒体を使い、クリエイティブを詰めていく」ことなのですが、イベント集客は他にも要素がいくつもあるので、試行錯誤、トライ&エラーが多くなりがちです。

特に昨今はSNSによる「共感」訴求が行動を決定する大きな要素になります。広告にコストをかけることは、直接の効果以上に、「知り合いが推している(繋がっている)物件だから見に行く」波及効果を見据えての投資となり、そのための仕組み作りも一層大切になってきています。

当社でプロモーションのご相談をいただく場合は、必ず事後に集客データを集めて反省会議を行い、次回の改善点をあぶり出すようにしています。1回の結果はもちろん大切ですが、その結果を今後のクライアントの業務の中に活かせるように分析し次のアクションに繋げられるよう、お手伝いさせていただきます。

SOLIDさんにお手伝いいただいて、引退した会長の部屋をミーティング&ショールームに改装しています。やっと完成が見えてきました。スタッフでできるところはDIYをしています。壁は漆喰を塗りました(自邸以来、10年以上ぶりですが以外と手が覚えていました)。完成したら是非お茶でも飲みに来てください!


BeanToBarチョコとお酒のマリアージュ

ギフトパッケージなどのお手伝いをしている新潟市西区・ミチココさんのBeanToBarチョコレートの販売促進の相談を受け、どのようにして「伝える」かの検討を続けています。

その検討の中で、
自分達が改めてBTBチョコの魅力を知るために、お酒とのマリアージュについてその道のプロの意見をお聞きしたいとBarBookBoxの豊島さんにご相談したところ、本当に丁寧にコーディネイトしていただき、舌の確かなプロフェッショナルの皆さんの意見を頂戴することができました。

写真は実際にマリアージュを試す会を開催していただいた時のことです。BTBチョコはそれぞれにハッキリした個性があり、合わせるお酒も「赤ワイン」「ウイスキー」のような乱暴なグルーピングはできないことが良くわかりました。大変勉強させていただき感謝です。

医学町ビルはす向かいの3階で「リトルライトシアター」というスペースを開設しBarをOPENした豊島さん、駅前ヴァン オクターヴの山田さん、東堀Bar Faroさん他、ご意見いただいた皆さん、本当にありがとうございます。
続きを読む▼


胎内ワインの畑

以前からパッケージなどを制作している胎内高原ワイナリー様(最近ワインの名前からは「高原」がとれて「胎内ワイン」となりました)の葡萄を栽培している黒川フルーツパークへ、お知り合いの二人をご案内しました。今後お力を借りたい、新潟にとって、とても大切なお二人。素晴らしい天気に恵まれ、栽培・醸造の佐藤さんのお話にも一段と力が入っていました。

ちょうどツヴァイゲルトレーベの苗木が届いたので苗木植えも見ることができました。初めて見ました。ワイン葡萄の苗木は虫などの対策で接ぎ木してあるのが通常なんですね。アルトリコーダーほどの長さの小さくて可愛い苗木が、一つ一つ丁寧に、皆さんの手で植えられていきます。

葡萄畑の苗木植えというと自分は、新品種の導入だとか畑の拡大だとかのイメージばかりでしたが、なんでも1年におよそ3%は諸々の理由で自然減するのが通常だそうです。これが10年続けば3割はなくなる訳で、そういう自然減を補う形でも苗木植えは行われるそうです。

土の話、水の話、文化の話、ワインをめぐるさまさまな話を伺うことができました。どこかの機会で紹介することができれば嬉しいです。


続きを読む▼


ミーティングルーム改装中/医学町ビル101で1ヶ月展示

現在、自社の1室をミーティングルームとして改装中です。そこで使う器を、医学町ビルの101号室で購入しました。後藤奈々さん(→Instagram)の作品です。
12月下旬まで約1ヶ月、三期に渡りtetote増田さんの企画で開催している展示会です。
とても素敵なのですが、勿論人気も大変で、早く行かないとなくなっちゃいますよ!(会期当初に大物はなくなってしまったそうです)
12/1(日)までの陶・器「後藤奈々 長谷川由香 二人展」で、これが三期中の一期目です。
今後の予定など詳しくはFacebookの医学町ビルページをご覧ください。亀貝が更新しています。


村上:藤基神社「青銅大燈籠復元への寄付」パンフレット

村上市の藤基神社様よりご依頼いただき、パンフレットを制作いたしました。
戦時中の金属類回収令などで国に接収され失われた「青銅製大燈籠」の復元のため、寄付をお願いする内容です。

パンフレットPDFは →こちら
寄付のできるWEBページは →こちら

2月にご依頼いただいてから、半年近くかけ、神社の歴史を調べつつどのような形で復元の想いをパンフレットに落とし込んでいくか、打ち合わせを重ねながら制作いたしました。そもそもの寄付の在り方かたから、紹介先、これまでの寄付の傾向、返礼品の内容など一緒に検討いたしました。

弊社の制作では通常のことではありますが、「依頼されたパンフレットを制作する」というよりも、「寄付の企画自体を一緒に考えていき、そのアウトプットのひとつがパンフレット」と言う方が、この期間のやり取りに近いのではと思います。

村上にゆかりのある方、ご存じなかった方はぜひ、上記のPDFやWEBサイトをご覧いただき、ご寄付にご協力いただけると嬉しいです。

藤基神社様
「青銅大燈籠復元へ〜ご寄付のお願い」パンフレット
B3四折

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Yoko Yamagishi
Photograph:Taizi Kamegai
Copywriting:Taizi Kamegai


「クルテク」イベントフライヤー

医学町ビル2階の輸入おもちゃ屋さんクルテクさんの開店15周年イベントのフライヤーを制作させていただきました。医学町ビルに移転する前から家族でお世話になっているおもちゃ屋さん。主に欧州から輸入している良質のおもちゃや、ボードゲームを幅広くレクチャー・販売されています。

午前は親子向けのおもちゃ体験会で既に締め切られていますが
午後の親子向け講演会は未だ空きがあるようです。→お申込はこちらのページから

この午前・午後の「遊び」「学ぶ」内容を、2色で表現しました。敢えて折らずにイベント感が伝わるようにしています。

Creative Direction:Taizi Kamegai
Art Direction & Design:Takahiro Sato
Illustration:Takahiro Sato
Photograph:Taizi Kamegai