ライフとワーク

■では、興味あることを仕事にしていくためには。そこがわからない若い人が多いと思うのですが。
桑原 うーん…何故それを切り替えないかいけないのか分からない。何時から何時まで何をしないといけないと誰かが決めたわけでもない。大人になったらひとりで勝手に朽ちて死んでいこうが、一生懸命働こうが自由でしょ。なんでそれを決めないといけないのか。これはプライベートな時間、これは仕事の時間と決めないといけないの。
【中略】
桑原 どんな仕事をやっていようが、かっこいい仕事なんてそんなものはない。若い人たちがもし、勘違いをしているとしたらそれは違う。僕らも若い頃は、どこかにかっこいい仕事があると勘違いしていたふしがあったけれども、それは大きな間違いだった。

kate paper vol.3「ロングインタビュー・桑原茂一」より

タイムリーにこうゆうの読めると嬉しい。