社屋の屋根を葺き替え

築30年を超える社屋の屋根の葺き替えを行いました。

(ちなみに今の「中央区高美町(以前は太右衛門新田)」に引っ越してくる前は、弊社は東中通り近辺にあり、そこでも2箇所ほど引越していました。今私が運営に関わっている医学町ビルの近所でもあります。)

さて、見た感じはあまり変わってないように見えるかも知れません(笑)。従来は銀色のガルバリウムに赤錆が非常に目立っていた状態だったところ、その赤錆に近い色を敢えてセレクトしたからです。古い建物から浮くことなく馴染んでくれたのではと思います。屋根を剥ぐまでちょっとドキドキしましたが、幸い雨漏りや腐った箇所もまったく無かったというお話でした。間に合った!

工事を依頼したのは(有)ケービーワークさん。社長は亀貝の自宅の近所にお住まいの塩谷さんで、お子さんの年齢も近く、いつもお世話になっております。今回の屋根葺き替えにも「色の濃いガルバリウムは冷房効率がかなり違うので、できるなら薄い色の方が…」と親身なアドバイスをいただいていたのですが、すみません悩んだ結果見た目重視で(笑)このように色をチョイスさせていただきました。

ケービーワークさんはWEBサイトも以前製作させていただいています。
>>http://kbwork.net
屋根工事の他、外壁や雨樋、板金工事などで親身に相談に乗っていただけると思います。お薦めします。イケメン社長が行きますよ!(きっと)