blog

11/17(土)りゅーとぴあ能楽堂でG.F.G.S.とbonponさんトークイベント

今週末17(土)にりゅーとぴあ能楽堂で開催される、加茂G.F.G.S.さん主催のbonponさんトークイベントのフライヤー、ポスター、WEBビジュアルなどを制作させていただきました。(こちらのパンフレットビジュアルのアレンジです)

トークイベントはまだお席があるそうです!ぜひ気になる方はご予約ください。予約は14(木)まで。当日入場も出来ます。
https://www.gfgs.net/blog/2093/
亀貝もお手伝いで会場にいる予定です。以下私なりのトークへの期待とご紹介をさせていただきます。
続きを読む▼


仕事展「縁日」を医学町ビルで開催します。

来る10月26日(金)〜28日(日)の3日間、新潟市役所前の医学町ビルで、初めての自社仕事展「縁日(えんにち)」を開催します。

仕事の展示の他にも、私たちのお客様の美味しい製品を味わっていただいたり、30年来カタログ制作をお手伝いしている新潟市加島屋さんとトークイベントを開催したり、ビルのテナントさんも期間中に色々やったりとお楽しみ満載ですので、是非お越しください!

━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━

カメガイアートデザイン的お仕事展「縁日」

10月26日(金)15:00〜19:00
10月27日(土)12:00〜18:00
10月28日(日)12:00〜18:00
会場:医学町ビル201号室
入場無料・予約など不要

━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━

「縁日」開催にあたって。
現会長が創業してから50余年。さまざまな制作物を通して「伝える」仕事を続けてきましたが、このイベントはそういった制作物以外に、「人」を通じて「伝える・繋ぐ」時間になればと思っています。新潟の地で長い間会社を続けてこられたのは、ひとえに人と人とのご縁あってのことです。そのご縁に感謝するとともに、これまでにそのご縁で繋がってきた新潟のものや出来事を、お見せしたりお話することができればと思います。会場である医学町ビルも、新潟市の中で人と人とを繋げる場所を作りたいと2014年から活用プロジェクトを続けてきた、まさにその現場です。会期中は亀貝他スタッフもおります。ぜひお気軽に遊びにいらしてください。
医学町ビル

「ご縁」でつなぐ「デザイン」のしごと

1)カメガイアートデザイン的お仕事の展示
よく言われる「見た目」のデザインって、当社の場合は、お仕事の最後の最後に行うわずかな作業です。その見た目を考えるために、私たちは前段階で何をしているかを、少しだけ見ていただければと思います。制作物と、それらができるまでの経緯を展示します。また、越人会やニイガタブックライト、にいがた空艸舎や旧齋藤家別邸の保存活動など、そこからご縁が繋がっていった、代表亀貝の活動についてもちょっぴりご紹介します。

2)トークイベント「新潟の人にこそ知って欲しい、あの加島屋さんのしごと」
あの老舗「加島屋」さんのここでしか聞けない裏話を、亀貝とスタッフがお聞きします。
(ゲスト:株式会社加島屋・生産本部長の岡田成弘様・他)
トーク後、おすすめアレンジレシピのふるまいあり!
27日(土)14:00〜16:00

3)クライアントの美味しいモノを味わっていただきます!
ミチココ(新潟市西区)のチョコ・お菓子販売
千年こうじや「麹だけでつくったあまさけ」(南魚沼市)のおすすめ飲み方ふるまい※八海醸造様提供
おすすめ胎内ワイン(胎内市)のふるまい
ローストカフェ(新潟市江南区)のリキッドコーヒー他販売
nine(長岡市)「さをりスツール」展示販売
※ふるまいは数に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

4)スタッフによるフリーマーケット
亀貝太治他スタッフによるフリーマーケット。亀貝は子供関連グッズ多めです。

━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━

医学町ビル全体でもいろいろやっています!

1F【城南窯
〜陶芸家池田早季恵のアトリエ。新潟越品でも展示〜
■「苔盆栽」展示販売
(27〜28日:12時〜18時)
「木木」KiKiの盆栽を城南窯の制作した鉢に植え込んだ「苔盆栽」を展示販売。伊勢丹や新潟絵屋でも人気のユニットです!

2F【クルテク
〜赤ちゃんにも優しい輸入おもちゃやゲーム専門店〜
■カワイイ!簡単!フラッグガーランドづくり
(27〜28日:10時〜17時)
ビル内廊下などで随時開催!
■オモシロシャボン玉パーティ
(27〜28日:13時〜14時)
1階ビル前で開催。口に入っても安全なドイツ製シャボン玉を使います。 [参加費:1回¥100]

2F【FD STYLE
〜オリジナルキッチンツールの体験と展示販売〜
■ドリップパック飲み比べワークショップ
(26〜28日:12時〜18時)
FD STYLEセレクトのドリップパックコーヒーを同社製ドリップポットで淹れて飲み比べするWS。他FD STYLEのキッチンツールも展示販売。
[参加費:1回¥500]

3F【SUNDAY photo studio
〜カメラマン内藤雅子による撮影スタジオ・事務所〜
■スマホ写真教室
(28日:10時〜 / 先着8名)
SNSでの写真の撮り方などをレクチャーする会です。プロカメラマンが「へぇ〜」なコツを伝授!
[参加費:¥1,000]

3F【田中洋人建築設計室
〜住宅・店舗他の設計を手掛ける建築設計事務所〜
■事務所を見学できるオープンアトリエ
(27日:12時〜18時)
■施工例模型展示会
(27〜28日:12時〜18時)
設計事務所ってどんなところ? 27日は気軽に遊びに来てください!

━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━−━

ぜひお誘い合わせの上お越しください!

「縁日」A4flyer
Creative Direction:Kamegai Taizi
Art Direction & Design:Harada Katsunori
Logo mark Design:Yamagisi Yoko


飲食店サイン(看板)

当社では飲食店は勿論、医院などの屋内外サイン(看板)の企画・デザイン・施工を承っております。
(→医院の実例はこちらを、総合案内はこちらをご覧ください)

もちろん最初から看板のみをご依頼という場合もありますが、多くはビジネス全体の現状と目的を共有し、コストパフォーマンスを見極めた上で御提案差し上げます。店舗を持つ多くのショップや医院にとって、サインの印象は多くの方がお考えになるよりずっと影響が大きいです。

「サインのデザイン」について、私がよくご説明する例です。
あなたが毎日通る通勤路があります。通る回数は1ヶ月約40回、1年で480回、5年で2000回以上。これだけの回数を通っているのに、1度も行っていない飲食店がその通勤路上にありませんか?何故1回も行かなかったのでしょう。その理由の多くは「サインの印象」ではないでしょうか?何が食べられるのか、どんなこだわりなのか、見ただけだけでお店を信頼でき、美味しそうな店構えだったら、一度は行ってみたのではないでしょうか。そして1度行って美味しかったら、きっとその後も定期的にリピート来店しているのではありませんか?このような人はあなたの他に、その道路を毎日通る人の中でいったい何人いるでしょうか。
こう考えると、このお店はサインだけでどれだけの機会損失をしているのかが想像できます。イニシャルコストは必要ですが、内容が良ければ、お客様に来て貰えるような看板ならば、その分のコストは充分取り返せると私は思います。

続きを読む▼


アパレルメーカーDM

加茂の駅前商店街に事務所を構える「G.F.G.S.」さんのDMを制作しました。
100%ピュア・オーガニックコットン製のボーダーカットソーを、型からボーダーに幅、色まで自由にオーダーできる「ORDER BORDER®」という仕組みと共に販売されています。製造は自社と加茂の工場で、昔から受け継ぐニット・職人の技術を受け継ぎつつ「ボーダーカットソー」に落とし込んでいます。

G.F.G.S.のボーダーカットソーは全国の取扱店か、受注会「TOUR」で購入可能です。それらのお店やイベントでこのDMもゲットできると思います。

亀貝が運営していたイベント「にいがた空艸舎」にG.F.G.S.さんが出店していただいて、その時初めてお知り合いになったのですが、その後G.F.G.S.さんはマガジンの発行や音楽レーベルの設立などを進められ、『G.F.G.S.MAGAZINE vol.02』では上越の橋本桂子さん、国際情報大学の越知教授との鼎談に呼んでいただいたり医学町ビルをgroovisionsとのコラボイベントで使っていただいたりしました。今回初めて販促のお手伝いをさせていただき、とても嬉しく思います(打ち合わせで加茂に行ったついでにマチトキさんや千代田ベーカリーや大阪屋さんに寄れるのも嬉しい)。
今回のDMは代表小栁さんやスタッフ福島さんと相談の上、レコードジャケット風のデザインとなり、表4には読み応えのある「ライナーノーツ(懐かしい!)」が掲載されました。表紙も、1枚で加茂商店街の様子とG.F.G.S.さんの雰囲気が伝わるとっても良い写真になったと思います。

G.F.G.S.さんは今までもこれからも、
新潟に新しい風を吹かせてくれる窓のような存在に感じています。今後も楽しみです!

Creative Direction:Kamegai Taizi
Art Direction & Design:Harada Katsunori


『CUT IN AVAN』にニイガタブックライトの取材記事を掲載いただきました。

現在新潟県で配布されているフリーペーパー『CUT IN AVAN』のマルシェ特集号で、一箱古本市について取材いただきました。他にもニイガタブックライトにお声掛けいただいたマルシェ主宰者の方達(沼垂テラス商店街、潟マルシェ)の興味深いお話が沢山!ぜひご覧ください。

『CUT IN AVAN』マルシェ特集号で取材されました。


朝日新聞新潟版に記事を掲載いただきました。

2018年9月3日付朝日新聞・新潟版に亀貝太治の取材記事を掲載いただきました。ありがとうございます。
文中「顧客の要望をそのまま受け入れることは、ほぼない。」とありますが、そんなことはないですからね!(笑)

そんな横柄なことはいたしませんので、どうぞ何でもご相談ください。「(WEBサイトやパンフレットなど)○○をつくりたい」方は勿論なのですが、その前の「○○をより売っていきたい・PRしたいのだけどどうしよう?」段階からご相談いただくと、当社をよりお役立ていただけるのではと思います。今後とも宜しくお願いいたします。
続きを読む▼


食品メーカー雑誌広告

加島屋様『婦人之友』誌シリーズ広告の4回目です。
1回目ではおばあちゃんの目線からさけ茶漬好きの孫娘を紹介
2回目ではおばあちゃんの家で息子一家がピクニックに
3回目では九州出身の嫁がさけ茶漬を持って里帰り
4回目の今回は、お姉ちゃんも登場して、夏休みのお留守番中に二人でこっそりさけ茶漬を山盛りにして食べている、というシチュエーションです。撮影は以前カタログを作らせていただいたISANAさんをお借りしました。シリーズ出演はすべて亀貝家メンバー。一年中元気いっぱいの次女が、何故か撮影日だけ胃腸炎になってしまうというトラブルに…。二度目の撮影で無事OKとなりました。

株式会社加島屋様
『婦人之友 2018年9月号』ハガキ付広告
CD:Taizi Kamegai
AD/D:Yoko Yamagishi
C:Ariko Satsuma
P:Taizi Kamegai / Ken Oshima