出張「オオヤミノルのコーヒーと無駄話」in北書店

昨年末、北書店で開催された
オオヤミノルのコーヒーと無駄話「No no thank’s no」番外編 in 北書店に行ってきました。
これは、東京・蔵前のアノニマ・スタジオさんという出版レーベルのそれは素敵なイベントスペースで毎月開催されていた「オオヤミノルのコーヒーと無駄話」という催しの、初めての出張編だったのでした。


全貌を説明するのは私には荷が重過ぎるので、詳しくは北書店ブログのこの2つの記事をご覧ください。

北書店ブログ「オオヤミノル新潟襲撃!」
レポート「「北光社」はまだ去年のことなのか」

オオヤミノルさんとあまりに贅沢なスタッフの皆さんが一緒にアノニマ・スタジオで毎月イベントを開催してきた、その影の立役者は、新潟出身のアノニマ・スタジオ編集Mさん。多謝!Mさんはにいがた空艸舎(→公式サイト・→私の記事)にも毎回来ていただいたり、なかしましほさんをご紹介いただいたり、今回の出張版を実現していただいたり、なにかとご縁のある方なのでした。そうそう、Mさんが担当されていた高山なおみさんの『日々ごはん展』のレポートもコチラに書いていました。素敵な時間でした。

さて、「No no thank’s no」は、「喫茶店で珈琲をすすりながら、脇でオオヤさんの話している無駄話に耳を傾ける」というコンセプト(ちょっと違ったら申し訳ない)。新鮮です。何か「話を聴くトークイベント」的にかしこまっちゃう気持ちが、最初のこの説明でぐっとやわらぎます。

加えてオオヤさんの軽妙な京都弁トーク。自虐ネタ、女性ネタ、いろいろ飛び出してきます。通常はゲストを招いて色々聞くスタイルだそう(北書店佐藤店長もなかしましほさん・三國万里子さん姉妹もゲストで参加されていました)で、今回は特別に「スタッフ皆がゲスト」という流れだったものですからちょっと勝手も違ったのかも知れませんが、そのおかげもあってか普段はあまり聞けないらしい「珈琲ウンチク話」もたくさん話していただきました。皆オオヤさんのイベントに来るくらいですから当然大のコーヒー好き。目の色が変わっているように見えました。

曰く、珈琲も果実である。あらゆる食べ物は必要以上の熱を与え過ぎない、果実から搾り汁を出すように、粉の膨らみがなくなった後は「お茶の最後をぎゅっと押して絞っている」に等しい、最初と最後に出ている珈琲の違い、お湯で割ってるのを見て「薄めとるで〜」なんて言うがそれはちゃうで、ネルの淹れ方…

会場で特製のネルドリップセットを売っていてヨロコビ勇んで買いましたが、難しいですわ。半分位の確立で失敗しています(笑)。私のような志も低い生半可モノには太刀打できなそうです…。

今後話があれば北書店での試飲会・契約会?的なことも考えてもらえるそうですので!期待して待ちましょう。

FH000002.JPG
FH000020.JPG
FH000006.JPG
FH000021.JPG
FH000010.JPG
FH000028.JPG
FH000022.JPG