胎内ブルーベリー狩り

ちらしを制作させていただいた「新潟フルーツパーク」さん開催の「胎内蔵王山ブルーベリー狩り」に言行ってきました。

P7120261.JPG

こちらは以前『晩酌ワイン』のラベルを作成させていただいた胎内高原ワイナリーさんの葡萄を栽培している所です。ブルーベリー狩りの畑はワイン用の葡萄の畑の下にありますが、それでも山をかなり登った所にあり、胎内平野と日本海を見渡せる素晴らしい景観を楽しむことができました。畑に行くまでの行程も楽しいです。

P7110162.jpg
↑クリックで拡大

ブルーベリー狩りの開催日は土日祝のみ。7/19までは「お持ち帰りプラン」、7/24〜8/8までは現場で食べ放題になるプランが用意されています。詳しくはこちらのちらしPDFをご覧ください。
※ただ申し訳ないのはこのちらし記載の地図で、目標地は「フルーツパーク」の位置を示しているのですが実際はこの場所からさらに随分山を登ることになります。駐車場は畑の近くに2つ。現場のスタッフさんが案内してくれます。とにかくのぼりを目印に進んでください。


さてちらしにも掲載しましたが、このフルーツパークのある山のふもとには、とっても美味しいおそば屋さんと、素敵なプライベートガーデンのある喫茶店があります。ただしおそば屋さんは日曜お休みなので、おそばを食べたい時は土曜日がいいでしょう。喫茶店のランチはナポリタンがおすすめ。昔懐かしい味を楽しめます。

また、車で10分ほども走った胎内観音様の向かいには、すごくレトロな動物園(とは名乗っていません。遊園です)もあります。勿論亀貝家はフルコースで楽しんできました。味わいたっぷりのメリーゴーランドや、木陰の中を走るゴーカートなど、しょっぱいモノ好きの人にはたまりません。動物は…以前いたノイローゼ気味?のおかしな動きをする熊さんは残念ながらいなくなっていましたが、「お母さんだよ」など生活感たっぷりの叫び声をあげるオウムや、赤ちゃんがわんさかいるウサギ小屋も健在。一番多いのは鹿と鳥類ですね。普通に身のまわりで飼われている動物もたくさんいます。

ここのチケットがまたレトロでいいのですが、今手許にないので後ほどご紹介しましょう。
ブルーベリー狩りと動物園、蕎麦とカフェをセットで、お休みの日に胎内にお出かけしてみてはいかがでしょうか。そば屋さんや動物園への行き方は、ぜひフルーツパークのスタッフさん達に聞いてみてください。

P7110170.jpg

P7110205.jpg

P7110184.jpg

P7110211.jpg

P7110182.jpg