カフェ・ショップカード

上越の農家「冬の日」さんは、主に年間契約によるお米や野菜の直販を生業とされていて、同時にその野菜の味を知っていただくためのカフェをご自宅の敷地内で開かれています。10年前に亀貝がエフスタイル他の知り合いと一緒に企画・主催した「にいがた空艸舎」というイベントに出店していただいたのをきっかけに知り合い、我が家でもそれ以来、年間契約させていただいてきました。

体とこころに負担をかけない「種まきから食卓まで」を考えた、無農薬の野菜作りをされている冬の日の石黒夫妻。カフェ「Farmer’s table 冬の日」でお二人が作られる料理は、他ではとても味わったことのない「体験」です。自分達の野菜の味を知っていただくためのカフェですので、野菜の味を素直に味わえるよう、凝った調理法は殆どありませんが、自分の持つ「美味しい」という言葉の概念が、ここで変わったのではと思える位の、どこか泣けてくるような味を覚えています。衝撃的、とか驚くほどの、などの言葉も全然違う。だけどすごい体験でした。

以前から何度か作らせていただいているこの「Farmer’s table 冬の日」のショップカード。今回娘さんのの独立に伴い初めての夜営業を始めることになって、再度改訂増刷しました。

何しろ携帯電話をはじめメールもされずWEBサイトも持たないお二人ですので、お店のことはこのショップカードか口コミでしか知ることはありません。もったいないので是非お知り合いだけにでも新しい営業内容をご紹介したく、以下に掲載させていただきます。

Farmers table 冬の日
943-0142新潟県上越市下新町1057-2
tel:025-522-6568
上越ICより車で10分


※写真は2009年にいがた空艸舎「ハロー・ライフ・ワーク」取材時のものです。